NEWS

凍みこんにゃくを作る株式会社クリタ様より

凍みこんにゃくができるまで。
凍みこんにゃくは、約 30アールの空き地、4区画に分けわらを敷き詰めることからはじまります。こんにゃく芋をすりおろし、其の汁を手で撹拌して煮たててから固めます。
約一週間、石灰水に漬け、その後ワラの上に1枚1枚丁寧に並べていきます。寒空の中、腰をかがめて敷き詰めていく作業は非常に根気がいる重労働です。

この作業を続け、敷き詰め作業が終わると、今度は水をかけて凍らせます。夜に何度も水をかけ、日中は日にさらします。これを15日間繰り返して、出来上がる2日前に陰干しして、完全に水を抜くと、凍みこんにゃくの出来上がります。
ぜひ一度、幻の食材と呼ばれる「凍みこんにゃく」をご賞味ください。

お買い求めはこちら
http://gensenjp.net/items/5567f53d2b3492b3e20008a2